catch_image

1500年前から続く温泉郷!壱岐・湯本ノスタルジック温泉街を半日お散歩プラン

壱岐・湯本はノスタルジックな風情溢れる温泉街。コンパクトに見所が集まっているので徒歩でゆっくり散策を楽しむのがおすすめ♪

壱岐・湯本温泉とは

c7890762-5da8-4835-b8f2-10ac5b6d4f4a

壱岐の西海岸に位置する穏やかな湾に面した湯本温泉は神功皇后が三韓出兵の帰路に見つけ、応神天皇に産湯をつかわせたことから子宝の湯としても親しまれています。6つの旅館と4つの立ち寄り温泉、風情ある神社など見どころが点在するノスタルジックな湯本温泉はお散歩にもぴったり!

壱岐・湯本ノスタルジック温泉街おすすめお散歩プラン

9:00 奥壱岐1000年の湯!老舗平山旅館で世界一の朝食

9a60890e-e45e-43a6-b4ee-f383ef5b93c9

1500年以上の歴史ある温泉が湧く平山旅館。著名人も訪れる老舗旅館ですが朝食のみの利用も可能なんです!朝食の時間に開いている島内のお店は限られているので朝食にお悩みの方はぜひ予約をしてみてくださいね。

44bcae0a-3a5f-4bcd-af4f-1d0c97536fd0

手入れが行き届いたお庭や館内に期待も高まります!

f94f7f44-dc6f-4181-9b08-c33835fb4bf4

美しく盛り付けられた朝食が運ばれてきました!壱岐米にアジの干物、壱岐州豆腐と壱岐の食材をふんだんに使っています!この朝食は世界一と絶賛する常連客さんもいるそうです。

49a48099-52a3-4de1-b219-6a9da43a816c

手前の野菜は自家農園で育てた無農薬野菜!みずみずしくて美味しい♪こだわりの食材づくしの朝食はまさに世界一!お腹も心も大満足で湯本の街へ。

※座席数に限りがあるため朝食のみの利用は要事前予約

泊まる
奥壱岐の千年湯 平山旅館
住所
〒811-5556長崎県壱岐市勝本町立石西触77

10:00 壱岐初の海の駅!湯がっぱ

ae1114a3-e28b-48a3-8c8f-417d7c9b0895

次は平山旅館から徒歩3分の湯がっぱへ。湯がっぱは有志の地元団体が運営する湯本の観光拠点。観光プログラムの案内やお土産を扱っています。

42ee8b17-9f2c-4761-9c74-7d3106a0a071

雰囲気のある和風の焼き物も取り揃えます。壱岐焼酎とセットでお土産にしても喜ばれそう!

湯がっぱではレンタルキッチン付きの釣りプランやサンセットクルーズなどの観光プランを用意しているので興味がある方はスタッフにお声がけください。

たのしむ
湯がっぱ
住所
〒811-5551 長崎県壱岐市勝本町湯本浦26−31

10:30 伝説の河童と朱色の鳥居が連なる伏見稲荷神社

112ba775-43d2-44eb-8a63-c1cc23b20436

次は湯がっぱから徒歩5分の伏見稲荷神社へ。伏見稲荷神社は小高い丘の上に位置し、湯本の守り神として200年以上前から地域の人々によって大切に祀られてきた位の高い神社です。

514a113d-4685-44c4-a7f8-010ed6febe6b

五穀豊穣、商売繁盛のご利益があり、朱色の鳥居が連なる姿は日本的な神秘さを感じさせます。

aefe69a4-17cc-438c-b07b-edca97ff3d2e

境内の奥には伝説の「河童の証文石」と一対の河童の石像が佇み、その由来を知ることができます。

1b9af15f-fcad-40f6-a150-5b8254ee0c56

階段にはなんと、河童の足跡も!フォトスポットとしてもおすすめです♪

たのしむ
伏見稲荷神社
住所
〒811-5556 長崎県壱岐市勝本町立石西触91−10

11:00 地元民に愛される茶褐色湯の万福温泉

8a328df7-6919-4e66-aeb5-34234d5b168d

次は伏見稲荷神社から徒歩2分の万福温泉へ!この日も地元の方で賑わっていました。泉質はナトリウム塩化物温泉。茶褐色湯が温泉の外にも流れ、このあたり一帯は温泉の香りが漂います。

05f25739-3e48-4531-a908-7a85cbe6c9f8

湯の効能は神経痛、リューマチ、婦人病、皮膚病、火傷、切り傷など。短時間の入力でも体がぽかぽかと温まっているのがわかります。

11:45 壱岐出身!音楽隊の父・山口常光像

b67590a1-a5f5-42bd-9bc4-943a06b06dfb

万福温泉から徒歩5分の場所には音楽隊の父、山口常光の像があります。

現・勝本町である鯨伏(イサフシ)村出身の山口常光さんは初代警察庁音楽隊として活躍し、その貢献からこの地に像が建てられてました。

壱岐へおでかけの際にはぜひノスタルジックな温泉郷・湯本へ!

湯本には今回ご紹介した万福温泉以外に3つの立ち寄り湯がありますので温泉めぐりを楽しむのもおすすめです! 見所が徒歩で回れ海に温泉・美味しい食事処が集まっている湯本温泉街、ぜひ訪れてみてくださいね。

文・撮影 / 藤井文香 掲載日 / 2019年6月24日

この記事に関連するタグ
関連するモデルコース