catch_image

【壱岐七社参りモデルルート・後編】遊べる神社も!?神秘的な空気に包まれて

大小合わせて1000の社があると言われる、神々の島・壱岐。神社が生活に根ざしたこの土地では、初詣には「七社参り」(しっちゃまいり)をする風習があります。
パワースポットして人気の場所もありつつ、自然や文化を肌で感じられる神社巡りは、お正月ではなくても壱岐を味わうのにぴったり。壱岐の絶景やビーチも堪能できる、神社尽くしのモデルコースをガイドします!

壱岐七社ってどこ?ルールとかはあるの?

2a073605-cb9e-4a46-950f-7d8ca29fbd09

壱岐の七社は下記の通り。実際に行ってみた感想も含めて、前編・後編(この記事)に分けてご紹介しますね。
【前編】
・白沙八幡神社(はくさはちまんじんじゃ)
・興神社(こうじんじゃ)
・住吉神社(すみよしじんじゃ)

【後編】(※この記事です)
・國片主神社(くにかたぬしじんじゃ)
・本宮八幡神社(ほんぐうはちまんじんじゃ)
・聖母宮(しょうもぐう)
・箱崎八幡神社(はこざきはちまんじんじゃ)

モデルコースの前編では、恋のパワースポットとして有名な「住吉神社」や、美しいビーチの前に建つ「白沙八幡神社」などをご紹介してきました。

4bfeda68-3185-43ed-963c-9a43c2cffeee

朝から巡っていれば、ゆっくり観ても1日(7時間程度)で回れる七社参り。実際の参拝は「二礼・二拍手・一礼」を覚えておけば大丈夫! かつては禁足地だったり、神域とされてきたところもあるので、神社内の木や石は持ち出さないようにしましょう。地元の方々は「気負わず、気軽な気持ちで巡ってお参りしてみましょう」と言います。

階段が多かったり苔むして滑りやすい場所もあるので、歩きやすい靴にて。後編のスタートです!

(前編の神社は、こちらのリンクをご覧ください。)

④ ご利益のテーマパーク!?壱岐「國片主神社」

c6058f15-9fec-4fcb-a2ca-0bcd7d370bf5

前編の最後にご紹介した住吉神社から車で約5分、県道沿いに「國片主神社」が見えてきます。 「国分天満宮」とも呼ばれる、格式の高いお宮です。

bbb99609-3f82-484b-8152-d960bb001ebc

境内はコンパクトですが、「遊べる」お参りどころがギュッと詰まっているんですよ♪ これからひとつずつご紹介しましょう。

e36fae51-2ae2-4583-a145-b955da5d9d86

まずはこちら「撫で小僧」から。 身体の悪いところを、自分と小僧さんを交互でなでると、良くなるそうな!?

f2ddeb57-2d73-4802-b1e1-39d45365b44d

続いては小判を抱えた「招福猫」ちゃん。 ぐるぐる回る仕組みになっていて、願い事を唱えながら男性は右回転、女性は左回転させると叶うとか。けっこう重いので、気合を入れて回しました!

43e56878-671a-4a58-8a06-8a4fa0665110

金運アップなら「なで恵比寿さま」&「なで大黒さま」コンビにお願いしたい! 耳や小槌、頭・・・なでるところによってご利益が違います。なでている動画を撮って、インスタのストーリーにアップしている観光客の方々もいましたよ♡

8b0a5398-3eb9-4ec2-802b-d4b11ce89604

「干支神社」では、自分の干支の前で願い事をお祈りしてみましょう。 干支オブジェのテイストがひとつひとつの違うのはご愛嬌♪

b31c46f4-f23c-4837-97e1-868a0335af34

服装が許せば、ぜひ挑戦してほしい「ミニ鳥居」くぐり♪ 並んだ鳥居はそれぞれご利益が違い、
・右:入学や試験の合格祈願
・中:健康祈願や厄除け
・左:商売繁盛
となっています。わたしは迷わず左端を選択!儲かるように努力しますっ!笑

たのしむ
國片主神社
住所
〒811-5732長崎県壱岐市芦辺町国分東触766番地

⑤鐘の音にのって届け恋心♡壱岐「本宮八幡神社」

a75b768f-58d9-4ef0-8e1b-5293426ac121

國片主神社から北上すること20分、静かな林の中に佇む「本宮八幡神社」へ到着! 神様の力で、この山の蛇やマムシは人に噛み付かないのだとか・・・ ちなみに、神社の森からは枯れ枝一本たりとも持ち出してはならないと言われています。

23594988-8533-4829-a56b-59809d3f9e72

捕鯨で栄えた勝本港から近く、現在も地元の漁師さんが多く訪れます。

d93faf03-a3a1-42ca-bff6-90d10dcc50a7

恋するガールズは、「産舎の鐘」をチェック! こちらは、聖母と慕われる神功皇后ゆかりの「想いを伝える鐘」なんです。 安産や縁結びの願いをこめて3回鳴らすと、りんと高く響く音にのせて、願いを運び叶えてくれるのだとか♡

fe39a74d-ee47-4e64-bb84-e6adbbfb3978

神社は「本宮山」の頂上にあり、参道からは海を一望できます。ほのかに潮の匂いがする、海風が爽やか♪ 壱岐は道中の景色も美しいので、急がずゆったりと回ってみてくださいね。

たのしむ
本宮八幡神社
住所
〒811-5541長崎県壱岐市勝本町本宮西触1437番地

⑥ 玉の輿なら★壱岐・勝本の「聖母宮」へGO!

abc05317-1151-46f6-bd56-2744b3549333

本宮八幡神社から15分ドライブして壱岐最北端の港町、勝本へ。 マグロやブリ、イカなどの漁業がとても盛んな漁師町です。ここで水揚げされた海鮮や、壱岐野菜だけを使った食堂もありますよ♪

77b2054f-4985-4417-9ff4-5d0ed5f7a2a7

勝本町内のレトロな路地に佇む、1300年以上の歴史を誇る「聖母宮」。 周りの石垣は400年以上前に、加藤清正が作らせたものです。 ここは道が狭く境内に駐車場がないので、近くの漁港に車を停めておいでください(神社までは徒歩3分程)。

53dec1b5-bcf3-4738-8440-8fb25435bf9c

手水舎には、なんとシャコ貝でできた鉢が!可愛い!

56de9d72-6a04-4115-8143-332f46f5d302

聖母宮に祀られているのは、壱岐にゆかりの深い神功皇后。 日本書紀によると、聡明な美女だったとか♪ 妊娠中には子供が産まれてしまわぬようお腹に石を巻き、勝本港から三韓征伐に出陣。のちに見事勝利を得たという、パワフルな女帝にして母なのです♡

海上安全や勝負、そして安産や子宝の神様として地元の方々のみならず、島外からの観光客にも親しまれています。

0ed6ed6a-2adf-428e-957b-24f02d9661ba

毎日オープンしている社務所では、様々な種類のおみくじやお守りを購入できます。 個人的に一番欲しい!と思った大漁旗(2000円)、どこに飾ろう・・・

13324602-5d1e-4892-b81c-f5c16a511b36

聖母宮オリジナル「えんむすびまもり」の他、ちょっと珍しい「恋みくじ」などがあり、男性にも人気だそうです。

社務所のお姉さんイチオシは、写真右の「玉の輿」縁結びお守り♡ 少し分かりづらいですが、シルバーのリボンの中に「玉の輿」と書かれています。セレブの仲間入りしたい方、ワンチャン狙えるかも!?

たのしむ
聖母宮
住所
〒811-5501長崎県壱岐市勝本町勝本浦554-2

⑦ 壱岐で最も古い狛犬へ会いに「箱崎八幡神社」

98969d0b-a095-4ae1-b21f-8481fde9736c

七社巡りの締めには、壱岐北西部の「箱崎八幡神社」へ! 聖母宮より車で15分のところにあります。

695f3401-09fe-4cf6-a618-364b647fda2a

かつては「裏海神社」とも呼ばれ、玄界灘をゆく漁師たちの守護神として大事に祀られてきました。 ご利益は大漁祈願・商売繁盛のほか、子授けや縁結びなども♪

7cf791aa-aa99-42de-98e2-1fe4de2a6136

軒先の隅木は、龍や白像などのおめでたい動物たちで飾られていています。 まんまるお目々で、とぼけたような表情がチャーミング♡

1fb66fd4-dd12-48ae-b0d4-26355a5e3cf5

楠と杉の木立に惹かれて、本殿裏の森に踏み入ってみると・・・

5b40eb24-3329-4929-9d7b-0efd1eca9a8e

壱岐で最も古いという狛犬が! 静謐でおごそかな気配に、霊感ゼロのわたしでも身が引き締まりました。

たのしむ
箱崎八幡神社
住所
〒811-5465長崎県壱岐市芦辺町箱崎釘ノ尾触1294番地

神聖な雰囲気を感じてみよう!壱岐七社参りのまとめ

a6af0874-ff8e-4f3a-9878-aa42fbd90def

島全体がパワースポットと言われ、日本で一番「神様密度」が高い壱岐。 特にあつく信仰されてきた神社を巡れば、昔ながらの神々に見守られて、素敵な日々が過ごせそうですね。 「七社参り」の所用時間は、ゆったり目の参拝&移動も含めて約7時間ほど。合間には、青い海が眩しいビーチや壱岐グルメが味わえるお店にも立ち寄りながら、神秘の島をお楽しみください!

文・撮影 / Grace Okamoto 撮影 / 練木良充

この記事に関連するタグ
関連するモデルコース
フェリー運航スケジュール