catch_image

壱岐「ベーカリーはるかぜ」地元の食材や古代米を使った手作りパンが人気のパン屋さん

壱岐のお土産

壱岐の素材を使った手作りパンが人気のベーカリーはるかぜ。壱岐のマスコットキャラクターを型どった人面石くんパンなどおみやげにもおすすめです。

壱岐島で地元の人に愛される「ベーカリーはるかぜ」

f8d90531-3185-404e-9a54-e692452860e8

長崎県壱岐市にあるベーカリーはるかぜは、日本三代遺跡のある原の辻で栽培されている古代米・黒米や壱岐のゆず塩など地元の素材を使った手作りパンが地元民に人気のパン屋さん。米粉を使ったもちもちのパンが豊富で壱岐のマスコットキャラクターである人面石くんパン(180円)はおみやげにも喜ばれる一品です。(要予約)

63118a2b-e8d7-49d0-a404-209d1b285b68

「ベーカリーはるかぜ」は壱岐市石田町本村触の63号線に位置します。石田町は美しいビーチや原の辻遺跡、一支国博物館など、見どころ満載のエリアで観光にも立ち寄りやすい場所です。

526e3f8c-d0dd-46ae-b597-46fad13f5112

店内はカウンターのみ。毎日お昼頃に焼きたてのパンが揃い、小さな店内はパンのいい香りに包まれます。

「ベーカリーはるかぜ」のおすすめパン

027295cb-7bb0-409f-b09f-30bc0da0ae15

1番人気は壱岐産のゆず塩を使用し、曜日限定で販売している「ゆず塩パン」(¥130)。もっちりとしたソフトフランスパンの生地の中にバターがしみこみ、塩にしょっぱさが生地の甘さを引き立て、ほんのりと香るゆずの風味がさわやかなパンです。

15b88eb4-3eda-46c2-bf17-a1e21b943303

店長のおすすめは壱岐の原の辻遺跡で育てられた古代米の黒玄米を生地に練りこんだ黒米食パン。まずはトーストせずにもっちりした生地感を楽しんでください。プチプチとした黒米の食感も癖になります。

7a533d2b-7cd7-4f56-90a8-4dedd8dbcefe

お土産に買いたいのが原の辻から出土した人面石をキャラクターにした壱岐の人面石くんパン(180円)。人面石くんのグレーにを出すためには食用の竹炭が使用され、中はほっこり甘いスイートポテト餡がぎっしりつまっています。手足はほんのりビターなココア味。

7edf47b8-1c5e-46de-82cc-fc97f9db5267

季節のパンも充実しています。春は壱岐産のいちごを使ったいちごのタルトが登場。(180円)甘いカスタードクリームといちごの酸味がとてもよく合います。6月は抹茶ミルククリームを使ったカエルのパンが登場の予定です!

壱岐島歩きにはベーカリーはるかぜのパンをお供に

84ddfc9d-feb8-4801-a962-ece8c6c0b9d5

壱岐島観光で小腹が空いたら、壱岐の素材を使った優しいパンが揃うベーカリーはるかぜでおやつタイムはいかがですか?お土産にも喜ばれるメニューが豊富です。

ベーカリーはるかぜ

〒811-5215

長崎県石田町本村触34-8

0920-44-5667

営業時間 月ー金 9:00〜18:30 土日 9:00〜18:30

定休日 水曜日

ベーカリーはるかぜのHP

文・撮影 / 藤井清香 

この記事に関連するタグ
関連する記事