catch_image

壱岐最大の夏祭り!「郷ノ浦祇園山笠」フォトレポート<前編> 前夜祭〜本番午前

壱岐のイベント

壱岐・郷ノ浦町の夏の風物詩「郷ノ浦祇園山笠」。郷ノ浦港のほど近く、元居(もとい)の八坂神社に疫病退散を祈願し山笠奉納した1737年(元文2年)から、280年もの間続いている壱岐伝統のお祭りです。現在は毎年7月の第4土曜日の前夜祭に始まり、翌日曜日に山笠巡行や、山笠を舁(か)く「舁き山」が行われます。(※舁く=かつぐ)

江戸時代から続く壱岐の夏の風物詩「郷ノ浦祇園山笠」

梅雨が明け、いよいよ夏がやってきました!壱岐の夏の始まりと言えば、島の男衆が飾り山をかついで壱岐の玄関口・郷ノ浦の街を巡り、ぶつかり合う、郷ノ浦祇園山笠。江戸時代からつづいている、壱岐伝統のお祭りです。

5e6b9fbe-6b88-455f-a980-97d9a699917b

朝から夕方までの約7時間、夏の日差しが降り注ぐ中、4つの流(ながれ)に分かれて「山」と呼ばれる飾り山を押し、練り歩きながら神社に奉納。およそ1トンもあるそれぞれの山は、壱岐の勇壮な男たちによって担ぎ上げられ、力強さや威勢の良さを競います。

もとは、疫病退散を祈願し始まった神事ですが、現在まで引き継がれるうち、五穀豊穣、商売繁盛、大量祈願、家内安全など色々な願いが込められるようになりました。

夜市やステージイベントで盛り上がる前夜祭

1f7803d1-bb5a-4054-8e24-cb65c678b1cb

山笠の前夜祭では、「飾り山集団山見せ」や、和太鼓や舞踊などの演目が行われ郷ノ浦の街全体が活気に満ち溢れます!18時ごろ、郷ノ浦へ行ってみると、すでに多くの見物客や夜市を楽しむ方でいっぱいでした。

普段の郷ノ浦の街とはガラッと変わった雰囲気に、明日に控えた本番へのワクワク感が高まります。

夏は19時を過ぎてもこの明るさの壱岐市内。夜更けとともに祭りの雰囲気も移ろいます。

bf9f9d00-b3c7-45b6-8282-8c6e9d42bdf3

夜市やステージイベントは各流の飾り山設置場所の周辺で行われ、その地区の飲食店が販売する屋台が楽しめます。

50d09862-ed6a-4f4d-9eca-94b7407ae24b

毎年お決まりの演目があったり、山笠限定販売のフードがあったりと、流によって様々。お気に入りの場所でゆったりと過ごす人や、移動しながらお目当の演目やフードを探す人など、皆さん思い思いのかたちで前夜祭を楽しんでいるようでした。

f49c6d10-9222-4e94-b5e8-952665da400c

各流の飾り山設置場所
・本町流・・・本町バス停付近
・下山流・・・昭和橋駐車場
・塞流・・・塞神社前
・新道流・・・壱岐市観光連盟前駐車場

本番午前9時塞神社で神事

5bdf4413-ccb3-440e-92ce-bb4d997141f8

本番当日の朝、塞神社前に一番流から四番流(本町・下山・塞・新道)と小・中学生らの山と舁き手、唄子(うたこ)たちが集合。

974768e3-a92e-4fcc-a338-4c0c9a8a7657

これから始まる祭りを前に緊張感が漂うなか神事は進行し、唄子たちが太鼓を叩きながら歌い出すと、いよいよという気持ちが高まります。

4eaa90bf-1106-4e1c-a09f-dd74825edd6a

「オッセー!オッセー!」9時半ごろ山笠巡行が開始

fd2eba40-e7c2-4c00-b9c7-b082f7e307a8

神事が終わると、「オッセー!オッセー!」という掛け声とともに山笠巡行がスタート。山笠には郷ノ浦町内の盈科小学校、郷ノ浦中学校の児童・生徒たちも参加。手作りの山笠が祭を彩ます。

0202a15f-be8a-4f32-9ba9-06928b9abe9b d617eefb-5527-440c-9d3e-0dfa2edc7b18 f50cc9bf-02ea-4d4d-94d2-badf2838f23b

八坂神社を目指す山笠は、途中にある各神社に奉納しながら進みます。方向転換しながら狭い路地をすり抜けたり、商店街の看板を避けたりと、ドキドキするシーンも。

acf5075f-8425-4f90-adf3-c97aae5bf21f

八坂神社の手前には、100mはあるかという坂道が!

21eed0d5-0dc5-49b3-ad06-91bcedf09c40

この坂を登るために、これまで押していた山をいよいよ舁く時がきました。「ヨイヨイヨイヨイヨー!!」という掛け声で約1トンの山が持ち上がり、男たちの肩にのしかかります。

27640400-16f5-4b13-8a57-d20144734fc8

「ヨーカイタ!ヨーカイタ!」

85c4b5ba-f904-4f11-a1be-4c4217221764 9ce7cf02-c1cf-4444-9c06-c60ecfff6089

道中では沿道から「勢い水」と呼ばれる清めの水が!

5a54c94b-c709-4499-92af-46bb1c922bb8 077f9cf2-3a18-4af6-be92-7996d120696a

夏の日差しが降り注ぐなか、キラキラと光る水しぶきと絢爛豪華な山笠の組み合わせが美しい!

45108642-c15f-4ded-8e83-fd49e36efd68

時折り山は大きく傾き、見ている側をハラハラさせる場面も。沿道では唄子たちが掛け声と太鼓で励まします。 やっとの思いで登りきった坂道。なのにここで「よーし、さすぞー!!」の掛け声が! すると、舁き手たち全員が両腕をまっすぐ伸ばし、山を高く持ち上げます。 「ヨーサシタ!ヨーサシタ!!」

f4114b6d-00cb-44ee-8020-3ac3623970b8

八坂神社に到着すると山笠奉納の神事が開始。次は郷ノ浦郵便局前に移動し、午前最大の見せ場である1回目の舁き山へ!

橋の上で繰り広げられる舁き山に大興奮!

ad289b2d-1f37-42f1-83e8-ac439c3fde9d

時刻は11時過ぎ。郷ノ浦の街に鉄砲の音が鳴り響き、いよいよ舁き山が始まりました! 橋の沿道に陣取った多くの見物客が見守る中、「ヨーカイタ!ヨーカイタ!」と勇壮な掛け声とともに大人と子供、計7基の山笠が昭和橋の上を駆け巡る!

舁き山@郷ノ浦郵便局前 フォトギャラリー

76884ca7-0e7b-48aa-ac90-e0dd6c3651a4 f3f59cc5-8419-4826-8d1a-d90adbbad272 324db319-9a23-4f53-91af-9e71fe97fd4f 9afd0e97-846b-4c78-b129-9a710fdbcfb1

2つの山笠を合わせ、持ち上げながら押し合うシーンでは、見物客から歓声と拍手が湧き上がりました!

46c6493e-38f9-4fd9-b69a-4c07d4776e1c e594e4e1-6ca1-4b0f-93c0-b8ce08fb047e 1ed8f85c-e895-4f93-bc61-13d1203f58f2 53694c80-375d-46ec-a35f-16fa1aeee12d ddcea46f-3fff-4251-acc3-ac0e4b49a5fb 1fad62d7-94f2-4cdc-9a19-9ffb7688e1dc 6c1ee1c0-dd45-4386-b822-67dfed0a92ab

本番午後のレポートは後日アップします!

文 / 梅田雄介 撮影 / 三好章太 掲載日 / 2019年8月2日

このイベントに関連するタグ
関連する記事
フェリー運航スケジュール