catch_image

壱岐の神話の舞台「猿岩」は、インスタ映えも最高だった!

壱岐は魅力がいっぱい

壱岐随一の絶景が見られる「猿岩」は、インスタでも人気の観光スポット。周辺のちょっと怖い廃墟「黒崎砲台跡」や、ハイキング気分を味わえる「唐人神展望所」もあわせてご紹介します!

国造り神話に登場し、壱岐を代表するスポット「猿岩」

dab02634-7d43-4fa6-9e47-3e63370543d2

驚くほど猿の横顔そっくりの不思議な岩で、インスタでも投稿数の多い人気の場所です。この記事では、定番の”映え”ポーズもご紹介!

周辺には玄界灘の絶景が見渡せる展望台や、廃墟マニアにはたまらない戦争遺跡などユニークな所が点在し、歩いて回ることができます。見学は、すべて無料♡ お土産やTシャツにプリントされることもある、壱岐で人気の観光名所「猿岩」に来てみませんか?

「猿岩」は、神様が壱岐をつなぎ止めた柱!?

fb6b36be-ada6-4178-86c1-635419b0d11c

博多からのフェリーが着く郷ノ浦港から、車で約25分。「猿岩」は、島西部の黒崎半島の先端に位置します。

駐車場やキレイなトイレがあり、観光に便利!壱岐市のアンテナ・ショップ「お猿のかご屋」のベンチやテーブルで、猿岩を見ながら休憩もできますよ。

627777fe-3f78-4549-b897-4534c391bbc4

「お猿のかご屋」店内には、Tシャツや工芸品、シーフードからお菓子まで幅広い壱岐の特産品が並びます。お菓子は試食もできるので、ステキなお土産を探してみてくださいね♪

おかいもの
お猿のかご屋
住所
〒811-5103長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870
56ed401e-5661-44f6-9568-fdf5eaa9b787

駐車場とショップを背にすると、目の前にどーん!と「猿岩」が現れます。 まゆや鼻の感じが、思ったよりも猿の横顔っぽい!・・・むしろゴリラっぽい!?

この奇岩は国造り神話の舞台にもなっており、海の上を動く「生き島」だった壱岐を、流れてしまわぬよう神さまが繋ぎ止めた「八本柱」のうちの一つなのだとか。

1171c593-0e27-40f1-b333-d69ba7a75148

インスタでも「#猿岩」は投稿数が多く、大人気のスポットです♡ 定番のポーズは、猿とのキス写真!いいショットが撮れたら「#壱岐島」もつけて投稿してみてくださいね。

20e7d415-4f2f-4a09-b063-25130011fd40

続いて、猿のお顔近くへまわりこんでみましょう。草原と青空が広がり、開放感たっぷり!

deedf34b-a191-40ee-ad62-870a735961ad

強い潮風によって傾いている「磯馴松」(そなれまつ)は、昔から書画や着物柄に取り入れられてきた、日本らしい風景です。

b3799d34-a969-405b-84b1-4187fa01fe42

崖っぷちまでくると、鮮やかな群青の海を見下ろすことができます。柵がないので、足元にはくれぐれもお気をつけくださいね。

cefc11bb-9c6e-4403-8db7-7c3025f7e098

写真左手に見えるのは、国の海域公園に指定されている手長島。手付かずの自然が残るパノラマに、心洗われる♡

廃墟好き必見!戦争遺跡の「黒崎砲台跡」

e3ca2e03-1877-400c-b5e7-441536fbaea3

猿岩の少し手前、駐車場から徒歩2分の所にある「黒埼砲台跡」は、廃墟ファン必見の戦争遺構です。 トンネルの中を入ってみると・・・真っ暗・・・ゾクッとする!!

826984b6-fd2c-4801-a1f3-31dc221afe36

「お猿のかご屋」の横にある道を1分程歩くと、砲台跡を上から眺められます。 最大射程距離は35kmで、重さ1トンの弾丸を打ち上げられる巨大な要塞でしたが、実戦では一度も使われたことがありません。

たのしむ
黒崎砲台跡
住所
〒811-5103長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触826-1

ミニ・ハイキング気分♪海を見渡せる「唐人神展望所」を登ってみよう

aacdc5de-c29e-4129-a238-118ee6575077

猿岩や海をさらに広く眺めるべく、「唐人神展望所」にも登ってみましょう。駐車場から200メートルほど、森をミニ・ハイキング♡ 舗装された遊歩道が整備されており、普段の靴でOK!

a0411ab1-aa0c-47df-8bfd-a6ab6d117a6c

道中には、木々の隙間から猿岩が見えます。少し角度がずれると、モンキーっぽさは全く無くなりますね。

be882cbd-2ed2-407f-bd8c-81ecefdd74b5

猿岩から5分程で登れる丘の上には、小さな展望台があります。 旧日本軍が見張所として使っていた場所で、眺望は抜群!天気が良ければ対馬が見えるのだとか♪ 東屋とベンチがあるので、ちょっとしたティーブレイクにもおすすめ。

壱岐の見どころ「猿岩」のまとめ

85f0f2ba-ca57-4fb7-a080-309963bcdb7f

壱岐の名所として有名な「猿岩」をご紹介しました。 SNS映えのする写真には昼間の訪問がおすすめですが、夕陽の頃もまた、独特のシルエットが美しいんですよ♪(暗くなってからの展望所や砲台跡は、けっこう怖いかも・・・) 普段の生活ではなかなか見られない、壱岐ならではの雄大な景色に癒やされてみませんか?

壱岐なびのInstagramでは壱岐なびのカメラマンが撮影した写真の他に「#壱岐島」でタグ付けされた写真を紹介しています。素敵な写真が撮れたら「#壱岐島」のハッシュタグもしくが壱岐島オフォシャルフォトアカウントをタグ付けしてください!あなたの写真も紹介させていただきます!

壱岐島オフィシャルInstagram
たのしむ
猿岩
住所
〒811-5103長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3

文・撮影 / Grace Okamoto 撮影 / 練木良充・永島俊介
掲載日 / 2019年5月22日

この記事に関連するタグ
関連する記事