catch_image

キラキラ輝く岩清水!空海ゆかりの壱岐「御手洗水の滝」へ

壱岐は魅力がいっぱい

自然と歴史の島、壱岐。光を受けてきらめく、半城湾沿いの「御手洗水の滝」をご紹介します。小さな岩清水ですが、空海(弘法大師)ゆかりの滝で、壱岐七名水の一つでもあるんですよ♪

フェリーの留まる郷ノ浦港から車で約20分。 真珠の養殖地として有名な半城湾に面して、小さな「御手洗水(おちょうず)の滝」があります。清かな湧水が心地よい音をたてながらキラキラとしたたり、なんとも癒される♡

ガイドブックには載っていない小さなところですが、実は空海ゆかりの地で、壱岐四国霊場八十八ケ所にも数えられています。壱岐の観光名所「猿岩」や「鬼の足跡」からもすぐ近く。歴史と自然の美しさをいっぺんに楽しめる穴場スポット「御手洗水の滝」へ、ちょっと立寄ってみませんか?

空海が杖で叩いた岩から水が湧く!?「御手洗水の滝」

1a50cd0f-561a-4b38-8e64-f042adaced44

壱岐の名所「鬼の足跡」の少し北にある、「御手洗水の滝」。 駐車場はありませんが、交通量が少なく路駐しても大丈夫そう。滝のある場所へは、道路から外れ森の中を5分程歩きます。

30b2d812-d516-48ab-8202-d3b0e7281035

道路から滝への道は急な坂になっているので、足元が悪い日やヒールの方はお気をつけて! ところどころベンチがあり、休憩しながら歩けます。

7bd5c852-ee78-45d2-92fa-85549d911652

森を抜けると、小さなお堂「目洗薬水大師堂」と海が見えてきます。古いですが、公衆トイレもありますよ。

e1d2e6c5-25e3-41ac-9b05-52e8124f1218

坂を降りきると目の前に広がる、半城湾。 良質な真珠の養殖で知られるほか、珍しい「海桜」を見ることができ、春にはお花見の遊覧船で賑わいます。

99eaf2b1-2089-4c60-b41b-d4ceef481726

海を背に振り返ると、崖一面からキラキラと滴りおちる岩清水が! ナイアガラのような瀑布ともまた違った、ささやかな水の音が心地よく響きます。

かつて、旅人だった空海がこの岩を杖で叩き、水が流れ出したと言い伝えられています。モーゼみたいだなぁ・・・笑 どんな干ばつでも枯れたことがない聖なる滝は修行の場でもあり、打たれると家内安全・健康のご利益があるそうです。

163c22f1-61ef-4d6d-a901-13e24077e99e

今回は昼間に訪れましたが、夕陽の頃には黄金の糸が垂れているように見えるのだとか♡ 時間を忘れてうっとりとしてしまう、癒しスポットです。

d1f07e53-9dd9-4b00-9767-0023f74ef0c1

崖にはハシゴが掛けられています。なんだろう・・・とのぼってみることに。 ちなみに、かなり滑りやすいのであまりオススメはしません。笑

3036df69-12cf-41c9-bf62-0ec42c4146ef

岩の中には・・・石仏が静かに坐していました。古文書にも「七名水」として登場する「御手洗水の滝」を、ずっと見守り続けてきたのでしょうね。

お堂を傷つけずに転がってきた「奇跡の石」

249c84b5-ab9d-4fcf-9a3f-8a865e79ac55

目洗薬水大師堂の前にある大きな石。平成22年の大雨の際に崖から崩れてきましたが、空海をまつる隣のお堂には傷一つ付いていなかったのだとか。 それで、地元の方々が「奇跡の石」と呼ぶようになりました。

534fc55d-e347-4d76-ba92-b14111a30fdd

お参りされている様子に、壱岐島の人々の信心深さが伺えました♪

壱岐・半城湾の「御手洗水の滝」まとめ

9bd1a800-353c-4110-8da4-e37e59515437

歴史ある壱岐ならではの、空海ゆかりの岩清水「御手洗水の滝」をご紹介しました。 ガイドブックにも載っていない穴場ですが、海や森、水の滴る気持ちのよい音に癒されること間違いなし!他の観光名所を巡る間に、ぜひお立ち寄りください。

たのしむ
御手洗水の滝
住所
〒811-5107長崎県壱岐市郷ノ浦町有安触

文・撮影 / Grace Okamoto 撮影 / 練木良充
掲載日 / 2019年5月

この記事に関連するタグ
関連する記事