catch_image

夫婦で壱岐島にプチ移住してみた♪神社巡りと絶品グルメで心身共にリフレッシュ

壱岐は魅力がいっぱい

東京在住のフォトグラファーの夫とフォトライターの妻が黒猫一匹を引き連れて、壱岐で2ヶ月間プチ移住することになりました。
わたしたちの共通項は、写真を撮ること、神社巡りが好きなこと、美味しいものに目がないこと。
そんな二人にとって壱岐は、たった3日間で身(主に胃袋)も心もすっかり虜になってしまうパラダイスでした♡

電波も繋がり揺れが少ない!快適なジェットフォイルで壱岐島へ

8dd12617-7b96-40bf-9d2b-23e6190ebd51

壱岐島へは、博多港から船で約1時間ほど。 一緒に連れてきた黒猫の体調を最優先にして、フェリーに比べて波の影響が少なく、揺れにくいとネットで目にした「ジェットフォイル」で行くことに。 博多港を出港すると、意外と静かに船が進みます。黒猫は吐くこともなくお昼寝をしていて、もちろん人間の身体にも優しく快適!

152f2fee-f26a-45bf-b8af-8f44a5246ac6

道中は波間にポツリポツリと小島が浮かび、まるで日本画のような風景。 スマホの電波が繋がるため、道中もストレス・フリーに過ごせます。あっという間に壱岐島へ到着!

エメラルドグリーンの海!絶景のある壱岐島での日常

4dfee8ba-6614-4ad6-994d-736558982b82

お借りすることになったお家は、壱岐島北西部の漁師町・勝本町の「浦海(うろみ)漁港」までなんと徒歩15秒♪ エメラルドグリーンの海はちょっと怖くなるくらいの透明度で、小魚たちがキラキラと通り過ぎて行くのが見えます。

fdeb8e78-b7e3-4130-aebf-e5182482493d

さらに防波堤を1分程歩いてみると、写真の景色が♡ 壱岐島は海の鮮やかさや砂浜の美しさで有名で、夏はもちろん、冬でもずっと眺めていられるくらい。 窓を開ければ隣の家、ギュウギュウの満員電車で通勤・・・の東京に住んでいたのが、悔しくなっちゃいます。こんな絶景のある日常、最高以外の何物でもないっ!!

0dda48fd-509b-481e-a87b-fd9ba94e2a6f

テラス付きの家なので、海を見ながらモーニング・ヨガをしてみました。すっきりと透明な青空が目に眩しい! 豊かな自然とフレッシュな空気に囲まれて、身も心もピュアになれそう♪ 壱岐のヨガ教室にも、ぜひ通ってみようと思います。

「神々の住む島・壱岐」を実感!フォトジェニックな神社がいっぱい

家から徒歩1分!最寄りの「浦海神社」に参拝してみた

730bd4cd-a612-45e5-b17f-67565de05f67

自宅からの最寄りの神社は、壱岐・勝本町の家から歩いて1分のところにある「浦海神社」。レトロな佇まいに、少し厳粛な気持ちになります。はじめまして、の気持ちを込めてお参り! 鳥居の反対側には港が広がり、頭上にはピーヒョロヒョロと鳴きながら、緩やかに円を描くとんびが。わたしたちを出迎えてくれているようで、気持ちがいい♪

たのしむ
浦海神社
住所
〒811-5546長崎県壱岐市勝本町本宮仲触岳城991

氏神さんの「本宮八幡神社」で、壱岐島ライフの充実をお願い

97685e85-99b9-4fc3-83f7-97757c5e7607

引越しをしたら、何はさておき氏神さん(自宅のある土地を護る神さま)へご挨拶に行こう!と、神社好きの夫が提案。長崎の神社本庁に問い合わせをして、教えてもらった氏神さんが「本宮八幡神社」です。

向かってみると、緑あふれる穏やかな雰囲気! 拝殿は小高い山の頂上にあり、参道をぜーぜー言いながら登っていきます。

c5a312a7-3058-4664-adbd-c09a45fac942

坂を登りきると、小さいながらも美しい神社が待っていました。 写真上部にちらっと写っている鐘は、3回鳴らすと縁結びや安産などのお願いが叶うのだとか♡ ここでの願い事はただ一つ、「壱岐島をおもいっきり満喫できますように!」

811c821b-5d8a-49a6-b2ad-9611f5e39cee

八幡神社のある本宮山の麓を回ってみると、海に向き合った鳥居を発見! 射している光が神々しくて、壱岐島のパワーを感じます♪

たのしむ
本宮八幡神社
住所
〒811-5541長崎県壱岐市勝本町本宮西触1437番地

生活に根付いた小さくラブリー♡な祠がたくさん!神の島・壱岐島

12eb57ed-fc17-4e3b-a47c-901f7a8eaf2a

壱岐には神道発祥の「月読神社」や七社巡りの「住吉神社」など、有名な神社が多くあります。その数は大小合わせて1000以上。でももっと小さな、地味だけれども生活に根付いているような社や祠も、これまたステキ♡ 田んぼの端っこの社とか、森の中でひっそりと一本だけ祀られた木とか・・・見つけられたら、ちょっといいことあるかしら!?

ecdae41f-002b-43d8-a3da-26dea6480324

車1台がやっと通れるほどの、藪の道をかき分けて進んだ入江には、小さな祠がありました。海を背にして隣り合うミニ祠たちは、とっても可愛くフォトジェニック!

壱岐は「島全体がパワースポット」と言われている通り、あちこちに神様の気配を感じます。滞在中に色々な神社に行けるのが、楽しみでたまりません♪

初めて見たイカ釣り船!壱岐島内をドライブ

ce785cea-f45c-44b7-b958-eeeddd909eed

土地や道路に慣れるにはドライブしてみるのが一番。まず向かったのが壱岐島の漁師まち・勝本町にある「勝本港」です。 初めて見たイカ釣り船は、ガラスの電球がとっても可愛い♡

写真を撮っていたら、漁師のおじさん達が手招きをしてレクチャーしてくれました。 集魚灯は1灯だけでもかなり明るく、港で船の電灯を付けたら町中真っ白になるくらいの強い光だとか。 「壱岐を楽しんでねぇ~」と言ってくれる、島の人々のオープンさが心に沁みます♪

たのしむ
勝本港
住所
〒811-5501長崎県壱岐市勝本町勝本浦575−61
dff5a4fb-e899-4d77-a831-a20ad28b7a26

道路沿いには、フツーにイカが干されていました。思わず二度見! ちなみに壱岐島は西日本有数のイカ水揚量を誇っています。わたしもいただきましたが、お刺身も炙り焼きも本当に美味しい♡

948244f1-9205-4e62-a2c8-5f437e545167

山や内陸部では、あちこちで牛が飼われています。 これが幻の名牛と噂の壱岐牛か・・・食べてみたい・・・と、真っ先に思ってしまいました。笑

428c7b51-8a17-42ce-a5ae-526df9effbdc

実際に来るまでは「離島=とても田舎」のイメージがあり、コンビニはあるのかな?と思っていました。 いざドライブしてみると、コンビニやスーパーが点在しており買い物には困りません。 コインランドリーや家電販売店、ビデオレンタル店などもあり、長期滞在に便利♪

51b04040-a799-4832-aa68-64d6fac1e037

夕陽の頃には、ちょうど壱岐島の西側「御津ノ辻休憩所」に到着しました。ここは「地球の歩き方」などのガイドブックにも大きく扱われる、絶景スポット♪

広々と開けた視界に、凛とした初冬の風がとっても気持ちいい! 国道沿いに位置しており、男女別のトイレと停めやすい駐車場も。ドライブやツーリング中の休憩場所としてオススメです。

たのしむ
御津ノ辻休憩所
住所
〒811-5512長崎県壱岐市郷ノ浦町大浦触

海鮮も野菜もお肉も激ウマ!壱岐のスーパーは天国

d42996c0-f58d-4ab5-b9ad-446b9ecaad5f

スーパーの鮮魚コーナーには「壱岐産」の刺身や干物、イカや貝がいーーーっぱい! 到着して一番最初の夜ご飯には、「天然ヒラス」をいただきました。わたしは初めて見たのですが、「ヒラマサ」とも呼ばれる高級魚なんですね。 口の中で踊るようにコリコリとして、脂も乗った上品な味わい♡

6da22ff3-2d72-48b7-b778-9ee7d2c4051c

野菜も、生産者の名前が書かれた新鮮なものが格安で手に入ります。 みずみずしい大根(1本60~100円!)は、包丁を入れるとシャキっと音がするフレッシュさ。長崎産のお味噌と、地元の濃厚な豆腐と共にお味噌汁にしたら、美味しくヘルシーな朝食ができあがり♪

6f98d293-b185-4b8a-8979-53fb1b072b58

別の日には壱岐牛が半額(!)なのを発見!主婦でもある身としては、買うしかないでしょ♪ 意気込んで購入し、速攻自宅へ車を飛ばしました。 赤身が柔らかく、あっさりとしていながらも深い旨味に、夫も大満足!

長期滞在も快適!壱岐で暮らすように遊ぶ

23d2ac3b-3bb8-423d-a2dc-78027b9119d3

壱岐暮らしを始めてまだ数日ですが、島を一周りしてみて、その魅力にすっかり心奪われています。神様のパワーを身近に感じられる場所での、快適なプチ移住生活の始まりにワクワク♪

肉も魚も野菜も、口にする全部が美味しい・・・壱岐のグルメにも、夫婦で胃袋をしっかり捕まれました。スーパーでお得プライスで買えるのも、家族で来ている身としては嬉しい限り。 島ライフをエンジョイする日々を、これから「壱岐なび」でたくさんお伝えしていきますね♡

文・撮影 / Grace Okamoto 撮影 / 練木良充

この記事に関連するタグ
関連する記事