catch_image

壱岐「伏見稲荷神社」連なる鳥居の奥に伝説の河童が佇む神社

壱岐は魅力がいっぱい

壱岐・湯ノ本温泉街にある、連なる鳥居と伝説の河童が佇む神社「伏見稲荷神社」へ行ってきました!かわいらしい河童の足跡が道案内をしてくれました。

c242adbe-1a22-4ecd-89f8-efc6ecb2c15a

日本全国に3万あると言われる「お稲荷さん」。「お稲荷さん」は、日本の神の一つ「稲荷神」をお祀りしており、商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神として古くから親しまれています。 その「お稲荷さん」の総本宮・京都にある伏見稲荷大社と同じ、朱色の鳥居が連なる神社が壱岐の湯本温泉にもあるんです。境内には伝説の河童が佇む神秘的な神社です!

壱岐・湯ノ本温泉にある「伏見稲荷神社」

61cfa118-87d1-4a98-aa65-2edb079e8f04

湯ノ本温泉は壱岐で唯一の天然温泉が湧き出るエリアで旅館や日帰り温泉施設などが集まっています。 伏見稲荷神社は湯ノ本温泉街の目印、湯がっぱから歩いて5分程度の場所にあります。

84d7c155-254e-4081-a395-b620ae9c9ca6

1本道を入ると目印の看板が見えてきます。

f31a040d-286f-4ad2-bcc6-371dbda796b7

境内へ続く階段が見えてきました!本殿は高台にあり階段の先には連なる朱色の鳥居がのぞきます。

82d6cbe0-e687-46ac-9aa8-c9d6c1635948

おや...?階段には河童の足跡が続いています!

5cca71a6-5700-464d-8a5d-12de288c34d5

河童の足跡を辿るように進むと、鮮やかな朱色の鳥居が連なり神秘的な雰囲気です。

82c05f75-28d1-4b93-b3b3-d90c211236f8

上まで登ると神社の境内が現れます。この伏見稲荷神社は小高い丘の上に位置し、湯本の守り神として、200年以上前から地域の人々によって大切に祀られてきました。

壱岐・湯ノ本温泉に伝わる伝説の河童の証文石

ab5ba409-996e-4ae1-8968-7f6eccdddd4c

境内の奥には伝説の河童が!実はこの中央の証文石がここ湯ノ本温泉に伝わる河童伝説の発祥とされています。

b306f9fa-9b33-464a-b906-1dbe848a6e64

幕末の安政年間のころ、ひどい悪さをする河童の手を村人がもぎ取り、二度と悪さをしないよう約束の証としてその手と交換に書かせたものがこの証文とされ、石の表面の筋は河童の爪痕と言われています。 証文石だけだと判りにくいため地元の方々の手により2015年に河童の石像が設置されました。

f1f1ce85-8ea9-4718-b1c9-7ea0e0ee9250

河童たちも今は穏やかな気持ちでここから海を眺めているのではないでしょうか...。

99d22703-5de3-4bbe-9284-2bd524088307

帰りには階段に自分の足元を入れてパチリ。河童の足は意外と大きいようです...笑

伝説の河童が佇む壱岐・湯ノ本温泉「伏見稲荷神社」へGO!

連なる朱色の鳥居の先に湯ノ本の海と河童伝説の証文石が望める「伏見稲荷神社」。丘の上にあり眺めも良いので湯本エリアに訪れた際にはぜひ一度訪れてみてください♪

たのしむ
伏見稲荷神社
住所
〒811-5556 長崎県壱岐市勝本町立石西触91−10

文・撮影/藤井文香

この記事に関連するタグ
関連する記事