catch_image

壱岐の大自然が育てた美しい輝き!日本を代表する養殖場「上村真珠」に行ってみた

壱岐は魅力がいっぱい

数々の賞を受賞し、老舗宝石ブランドともコラボレーションしている壱岐の真珠養殖場「上村真珠」へ行ってみました!

日本を代表するアコヤ真珠の養殖場!壱岐「上村真珠」

762c0e15-618c-46bc-8151-7002d5406b13

清楚かつ上品な輝きで女性を虜にする真珠。「上村真珠」はアコヤ真珠を昭和25年から壱岐の半城湾で養殖し、数々の名誉ある賞を受賞した日本を代表する養殖所です。 シチズンとコラボレーションした WAKANA【和奏】というブランドや、老舗ジュエリーブランドなどで「上村真珠」の真珠が使われています。

acac5856-30b5-4ed2-9bd3-4c9acf92214f

「上村真珠」は半城湾の漁場を守るため漁業権を持ち、自然のままの生態系を保っています。ここまで管理を徹底している養殖場は全国でも少なく、それゆえに品質の高い真珠がつくられ、老舗ブランドの商品にも長年使われているんです。春には半城湾の対岸に桜が咲く風景もまた美しいのだとか。

d98131de-a78f-4336-a488-e92bb0d2c440

応接室にはたくさんの賞状が飾られていました!2008年全国真珠品評会では、グランプリに相当する農林水産大臣賞を初の3年連続受賞するなど、たくさんの名誉ある賞を受賞されています。

壱岐産の真珠がつくられる工程を拝見!

3c1c2f0f-e767-4f8e-ad09-440344401100

特別に真珠が作られる工程を見学させていただきました!まずは母貝となる貝を選別します。上村真珠は新卒の10代から71歳のベテランまで100名以上の方で真珠を養殖しています。この日もベテランの方が見守る中テキパキと作業を進められていました!選別された貝は2年かけて母貝へと育てます。

c70a964d-d44b-41af-8a26-aaaede3028a9

次は核入れと呼ばれる作業です。

78180073-49ac-4868-aa91-8ff78dd96a78

母貝となった貝に核と細胞を丁寧に入れていきます。これを全て手作業で行っています!

c13802d0-5e82-4fbb-8a5c-50701283e39f

この貝を海に戻し養殖します。上村真珠は一般的な養殖期間より長く養殖を行っているため、巻きが厚くなり、照りがより美しく輝く真珠が生まれます。

壱岐で育てられた「上村真珠」の美しい真珠たち

46567c71-f099-4a07-8d0a-ba9fbef1e192

浜揚げされた真珠たち。うっすらとグリーンががっていたり、赤みが強いものがあったり一粒一粒輝きが異なり、思わず見入ってしまう美しさ!

7a45f13c-c732-492e-9f55-15fd55d94773

色が近い真珠を選び、ネックレスとして美しく映えるように糸で繋いでいきます。これも熟年の職人さんが丁寧に手作業で行います。

dbdae65d-4094-4d0a-bc3e-1b06ec65e690

上村真珠では海から生まれたままの「アコヤ真珠本来の美しい色」にこだわり、一般的に行われている調色処理を行っていません。そのため年月を経ても色褪せることがありません。 長期間安心して使うことができるとのも嬉しいですよね♪

壱岐産の真珠で一生もののパールジュエリーを♡

71cdf748-8c7d-4ffc-a7ec-5da5f776a029

フォーマルな場所にも使え、大人の女性のたしなみとも言われる真珠。一生を通して使えるものとして壱岐の大自然で生まれ、世界が認める品質の上村真珠の天然パールジュエリーを身につけてみてはいかがでしょうか。

現在、残念ながら壱岐島内での販売は行っておりませんが上村真珠の福岡本社へのご来店や(※要連絡)シチズンの WAKANA【和奏】取り扱い店舗にて上村真珠のジュエリーをお買い求めいただけます。

上村真珠 福岡本社
福岡市中央区平和5丁目10番10号
TEL:092-523-4180

CITIZEN WAKANA【和奏】

文・撮影/ 藤井文香

この記事に関連するタグ
関連する記事