catch_image

元東京OLおすすめ!壱岐の特産物・ゆずを使った土産5選♡

壱岐のお土産

さわやかな柑橘の香りでおなじみのゆず。壱岐は長崎県で唯一のゆず産地!そんな壱岐のゆずをたっぷりと使ったお土産の中から元東京OLライターおすすめの5品をご紹介します!

壱岐島は、福岡県博多港から高速船で約1時間の距離にある長崎県の離島。壮大な大自然で作られる農作物や海の幸も豊富で自給自足ができる島とも言われています。 そんな壱岐島のおみやげにもおすすめのゆず製品をご紹介します!

壱岐は長崎県内唯一のゆず産地!

ef3bb10d-a1e1-4579-bd4d-860a580986b5

壱岐島は、長崎県内で唯一のゆずの産地であり、ゆずを使った商品の多くは壱岐島内で販売を行なっています。

今回は壱岐ゆず生産組合の西さんのゆず畑の収穫の様子を特別に見させていただきました!

67604d6b-9209-4f61-b108-bf1cdbc955cc

畑に到着するとすでに収穫が行われており、柚子のさわやかな香りが漂います! 収穫は11月中旬から12月初旬。1本の木から60個ほどしか収穫ができないゆず。 ゆずの枝には意外なことに鋭いトゲが生えており、注意しながら収穫しないとならずとても手間がかかるそうです。

c3cb84e9-b2b4-4f6d-b820-e660991a25fa

ゆずの収穫をする真剣な眼差しの西さん。手際よく肢の長いハサミでゆずの果実を切り落とします。この枝を落としコンテナに詰め、生産組合の皆さんで加工したゆず製品が店頭に並びます!

購入は郷ノ浦のアグリプラザ四季菜館、芦辺町の島の壱番館が品揃えよくおすすめ。 その他お土産屋さんでもお買い求めいただけます。

おかいもの
アグリプラザ四季菜館
住所
〒811-5132長崎県壱岐市郷ノ浦町東触560
https://iki-navi.jp/buy/9
おかいもの
島の駅壱番館
住所
〒811-5315長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1756-1

おすすめの壱岐産ゆず土産はこちら!

19fa52f6-9f03-4d05-9d25-c4c63764ce36

今回は郷ノ浦のアグリプラザ四季菜館に立ち寄りました。

おかいもの
アグリプラザ四季菜館
住所
〒811-5132長崎県壱岐市郷ノ浦町東触560

ゆずを使った加工品のジャム、シロップやドリンク、ゆず胡椒、ポン酢、ゆべしと呼ばれる壱岐の郷土料理などが揃います。瓶詰めのものが多いので持ち帰りにも便利です。

柚子胡椒

85de666f-b529-4b5f-87ae-a94f43531bbf

まずは定番のゆず胡椒。緑・赤・黄と3色あるのも珍しいですよね!和食のみならずパスタなど洋食のアクセントにも使える万能調味料です。

柚子の香

79a40d83-5b16-4390-8e02-a012b230dc31

次はゆずの香(ゆずのか)と呼ばれる濃縮原液。お湯や炭酸で割って飲んだり、壱岐焼酎に混ぜ爽やかな香りを楽しむのもおすすめ。

ゆべし&マーマレード

69591cd1-55f2-4e1b-a52f-a5dae6d1e693

お次はゆべし。ゆべしは壱岐の伝統的な保存食として古くから親しまれてきた調味料で壱岐にしかないものだそう!柚子の皮に醤油、砂糖、胡椒を加えてじっくりと煮込んだ甘塩っぱい佃煮のような味です。

このゆべし、なんと「長崎の味」として美味しんぼにも紹介された珍しい逸品なんです。 シンプルにごはんに乗せて食べても、お魚の薬味としてもおすすめなんだとか!

ゆずマーマレードジャムは豊かな香りとほのかな苦味がクセになる美味しさ。鉄板のヨーグルトに添える他、お肉料理に使っても良いですね♪

ゆずじゅれ

7fd39d2d-2714-4cf7-8d4f-fc1d7992bae8

ゆずばかり見ていたせいか、ゆずの味が恋しくなり「ゆずじゅれ」を購入。笑 350円(税込)と少々お高めですが果肉たっぷりで美味しい!すぐに飲めるので旅の移動中のお供にしても♪

壱岐特産ゆず、お試しあれ♡

92ee6b86-42d1-494b-8330-4b5ece7449e7

壱岐の特産品・ゆずを使ったお土産特集、いかがでしたか?農家の方が大切に育てた壱岐のゆず、ぜひ味わってみてくださいね!

おかいもの
アグリプラザ四季菜館
住所
〒811-5132長崎県壱岐市郷ノ浦町東触560

文・撮影/藤井文香

この記事に関連するタグ
関連する記事