catch_image

現役のイケメン神主が舞う!700年の歴史を持つ1年に1度の「壱岐大大神楽」

壱岐のイベント

6時間ぶっ通しで神職のみで奉じられる全国的にも珍しい舞と音楽のまつり「壱岐大大神楽」が、毎年12月20日に壱岐島で上演されます。会場は、縁結びや長寿祈願で有名な住吉神社。壱岐ならではの体験をご紹介します!

神楽ってなに?「壱岐神楽」が特別なワケ

e0e23886-faee-43c1-b97e-e0f0e51a94e0

神道発祥の地と言われ、神話と縁が深い壱岐島。 この島らしさを感じられるとして、観光客にも人気が高まっているイベントが「壱岐神楽」です。 「神楽」とは神様を鎮めたり、祀るための踊りや音楽のこと。もともと「神遊び」とも言われていて、現代のわたしたちが観ても楽しく、ハラハラしたりほれぼれとする舞がたくさん!

「壱岐神楽」が特別なワケ

7091f2f1-5cc4-421e-8c87-2a6d4fb9a32c

700年続く伝統の「壱岐神楽」を披露するのは、なんと現役の神職さんたち。 実はプロの踊り手や演奏家ではなく神職が奉演することって、全国的に見てもすっごく珍しいんです。祝詞の声が重なる響きは、ふだんから神社で働いている方々だからこその格好良さ♡

もうひとつの「壱岐神楽」ならではの特徴は、全35曲すべての演目が「2畳」のたたみの中で行われることです。剣や弓を使った動きの大きな演目も、4人がかりの舞も、きっちりと2畳の空間に収まるのは見事♪

1年に1度の大演目「壱岐大大神楽」

毎年には最も格式が高い「大大神楽」が上演されます。公演時間は14時〜21時までと長時間ですが、出入りは自由。地元の方々も、お目当ての演目を観ては帰っていくというカジュアルなスタイルで、観光客の方でも気楽に遊びに行けちゃいます。 会場となる「住吉神社」は、恋のパワースポットとして有名だとか♡ これは絶対見逃せない!と、足を運んできました♪

7b49c806-5d48-4376-ba0c-ffc04a28e2e0

鳥居にみどりが眩しい、会場の住吉神社に到着。隣には広い駐車場や新しいトイレ、自動販売機などがきちんと整備されています。観光客も立ち寄りやすくて嬉しい! ここには巨大な「夫婦楠」の木があり、根元を回ると縁結びや長寿のご利益があるのだとか♡

イケメン神職さんが美しい♡刀を咥えるダイナミックな「壱岐大大神楽」

現役の神職が舞う、エネルギッシュな舞と音楽の「壱岐大大神楽」

061be141-c9bb-4e78-816f-09df20e5ea46

いざ、神楽へ!地元の方々はもちろん、東京や大阪からの観光客もちらほら見かけ、70~100名くらいの人出です。

2880ad1d-46b2-4ffd-b5fc-5ba1efd135b4

まずは、入り口で振舞われているお神酒をいただきましょう! すっきりとしたお酒の美味しさもさることながら、神社の凜とした空気の中で飲む味はたまりません。

213110e9-58a4-4472-b2ba-ed01d92c2101

舞も音楽も、現役の神職のみで行われています。 お腹にどしん!どしん!と鳴りわたる太鼓の音に、プロフェッショナルな祝詞の声が重なり迫力満点♪

何度も互いを投げ合うダイナミックな「神相撲」

2cda8474-cc45-465a-a322-d3ed69c8bb46

壱岐神楽のユニークなポイントは、35曲ある演目のすべてがたたみ2畳の中で舞われること。

「神相撲」は強健息災を祈り、舞い手同士が何度も互いを投げ合うダイナミックな演目ですが、これも2畳の中にすっぽりと収っており見事! 気合いで真っ赤な顔の神職さんがたたみに投げられる瞬間には、観客から拍手やどよめきが上がります。

躍動感がありつつも静謐な「篠」

68bd773e-ec9b-4490-b1f4-bcd8630c0a2f

「篠」は笹の葉を打ちそよぎながらの舞。さらさらと葉が揺れる音が、笛の調べと穏やかに重なります。躍動感がありつつも静謐なイケメン神職さんのしぐさに、キュンとしてしまいそう♡

両手と口に三本の刀を持ったままでんぐり返しをする「二劔」

8b794c25-c1f0-4e50-8985-a860542f1ea1

特に人気の演目「二劔」は、パワフルで格好良い! 両手と口に三本の刀を持ったままでんぐり返しをする姿に、思わずハラハラ・・・ 神楽は全部で7-8時間ほどかかり、観客は出たり入ったりしますが、この舞(17時頃から)には多くの人が集っていました。

チャーミングな神の遣い「八咫烏(ヤタガラス)」

66fba161-1413-4c29-9cd0-2537a07bfb47

壱岐の名匠が打った面や演目ごとに変わる道具、ゴージャスな衣装も見どころの一つです。 写真は、神の遣いとして一般的にも有名な「八咫烏(ヤタガラス)」。凄みがあるんだけど、なんだかちょっと可愛い・・・♡

参加したら、もっと楽しい!観客も盛り上がるハレの日「壱岐大大神楽」

「餅まき」で神様からのお裾分けをゲット

63b8f700-64bb-4120-b69c-5134d02e1cb2

神楽は神聖な神事ですが、同時に楽しい「おまつり」でもあります。 餅まきは老若男女がエキサイトする瞬間!

五穀豊穣のめぐみを人々に載せるという意味があるのですが、取ったお餅は持ち帰りOKなので、とにかく皆さんアグレッシブ!! わたしも地元の方々に負けないくらい手を伸ばして、神様のお裾分けをゲットしました♪

冬の森のしんとした空気の中行われる「湯立行事」

3e68a371-eac5-4009-9868-a439b2561cd4

所を移して「湯立行事」は屋外に張られた〆縄の中で。 冬の森のしんとした空気の中、かすかに薪の香りが漂い、朗々と響き渡る声・・・パワースポット感たっぷり♡

0b653bec-4e56-4b1d-a590-534371ba7bed

続く「篠湯」では、前に陣取りたい! 清められた湯が勢いよく観客に振りかけられ、我も我もと、みな前に出てきます。わたしにもしっかり掛かったので、来年はハッピーに過ごせるといいな♪

「壱岐大大神楽」の伝統を支える人々のやさしさに癒される♡

c0e5ba80-d87d-4321-a6fb-65c0bdefbe25

「お祭りは他人事ではなく、参加するもの。」 神社の向かいにお住いで、氏子の松嶋孝さんはそう言います。大大神楽の日は毎年、自宅の竹を使った「神の竹」足踏みを参拝者に配っておられるとのことで、わたしも一つもらっちゃいました♪

足踏み作りは2ヶ月前から始まります。強度を出すため竹の根元の2、3節のみを切り出し、やすりがけや削りは全て手作業。丁寧に作られた「神の竹」は大人気で、毎年全部なくなるのだとか。 これを書いている今も足元にありますが、土踏まずをやさしく刺激してくれて、とっても気持ち良い!

境内をしっとりと彩る、竹あかりアート

7b3c551f-babc-4c0d-8c55-03661ddcc646

こちらも壱岐の方々によって手作りされており、事前にワークショップも開催されたそうです。 参道や拝殿の周りをやわらかく照らす灯りに癒されます!

あたたかいぜんざいとおにぎりでほっと一息

c3aa4572-d5fe-4915-adff-7a4ae3ec7709

休憩時間には地元の方々が作ったおにぎりや、壱岐産のお餅や小豆を使ったぜんざいが振舞われます。 師走の夜にほっこりする甘さで、おいしい!!

壱岐の神楽は、神職だけが執り行うものではなく、地元の方々が大切に守ってきたものなのだと随所で実感します。 島のみなさんは優しく、島外から訪れたわたしにも気さくに話しかけてくださいました。神楽に足を運ぶおりには、ぜひ話をしてみてくださいね。きっと記憶に残る、壱岐ならではの時間が過ごせるはず♪

伝統の中に新しい風を吹き込む、ロックな魂

神社ガールズバンド「二刻パラノイア」がパワフルな神楽(ライブ)を披露

adcd7615-ca57-4642-a237-a9d2d22ca46e

休憩時間には、神をまつる福岡の神社ガールズバンドの「二刻パラノイア」のライブがスタート!住吉神社の会館中にパワフルなロックが響き渡ります♪ Vo.の楓さんは「ガチの神社、伝統的な大大神楽の中で、自分たちの神楽(ライブ)をするのは緊張するけれど、楽しんでいただけたら」と、全力のパフォーマンスで会場をホットにしていました。

688989f7-45a6-4f27-9135-73c00906b8fd

会場にはファンの女性やノリノリの子ども達から、休憩中の神職さんの姿まで。 ライブを企画した山本さんは「できるだけ多くの人に神楽に来て欲しいという思いで、神社の方々と協力して開催しました」と話します。 おじいさん、おばあさんもタオルやマフラーを振り回し、拍手をして盛り上げていました。 700年の伝統に織り込まれた新しい風に、気分もリフレッシュ!

二刻パラノイア公式サイト

700年続く伝統の壱岐の「大大神楽」を体験しよう

8d1687b9-d0c2-47d8-af63-f31a7466e78f

神社を去る頃にはすっかり真っ暗。夜のライトアップもロマンチックで、忘れられない夜になりました♡

島の人々に支えられ、脈々と受け継がれてきた大大神楽。色とりどりの舞は見飽きることがなく、まさに「壱岐でしかできない体験」でした。これからも、伝統と新しい企画が交じり合いながら続いていくことでしょう。

弊神楽や小神楽(規模が小さい)は年に数回、幾つかの神社で行われています。

毎年8月第一土曜日には、筒城ふれあい広場の野外ステージでも大大神楽が公演されます。神楽のスケジュールに合わせて、壱岐に遊びに来てみてくださいね。 美しい海や美味しいシーフードと一緒に、伝統芸能を楽しむステキな時間を壱岐で過ごしませんか?

たのしむ
住吉神社
住所
〒811-5742長崎県壱岐市芦辺町住吉東触470-1

文・撮影 / Grace Okamoto 撮影 / 練木良充

このイベントに関連するタグ
関連する記事