catch_image

壱岐の旬の食材が味わえる!「炉端劇場"舞"」の二十四節季料理

グルメの島 壱岐

壱岐市郷ノ浦にある、壱岐最大のリゾート旅館「ステラコート太安閣」。館内の食事処『炉端劇場”舞”』で、壱岐の新鮮な旬の食材を使った「二十四節季料理」をいただいてきました!

壱岐最大のリゾート旅館「ステラコート太安閣」

c5392128-4918-4b24-8ab0-b1de76ed0910

壱岐への玄関口、郷ノ浦港から車で5分の位置にある、壱岐最大のリゾート旅館「ステラコート太安閣」。

1bb0cdfc-a064-4981-8e3b-2bad72a25aed

宿泊はもちろん、食事処や大浴場、岩盤浴、サウナも完備していて一日中楽しめます。

壱岐の旬をリーズナブルに味わえる「炉端劇場”舞”」

bd7eddd4-dda9-439d-a889-aa3d9c680762

「ステラコート太安閣」館内の二階にある「炉端劇場”舞”」では、宿泊者でなくても昼食をいただけます。

3e0af9eb-b8d6-4921-8a80-a7261fe22f56 ebd2e8d2-67a7-4425-b23b-3e869dfee1fb

洗練されたインテリアで明るく落ち着いた雰囲気の店内。

b6e8fe03-1e0a-4020-bc12-f85f48bd2629 4fc6fc52-b997-4476-ad02-ee13684f596e

こんなに素敵な場所で、ゆっくりランチなんて、とっても贅沢ですね。

"舞"自慢の壱岐の旬の食材を使用した「二十四節季料理」

169c75e3-19dd-414a-95c2-5b078239df05

二十四節季とは1年を24の季節に分割した暦のこと。この二十四節季ごとにメニューが考案され、壱岐の旬の食材を使用した7品目のメニューが提供されます。つまり、2週間ごとにメニューが変わるんです!

今回いただいたランチは二十四節季の中の『小雪』でした。

この色鮮やかな豪華7品目でなんと1,000円(税別)!とってもお得ですね♪

99eec20d-cbf5-43a6-898e-f1bc09c0e505

小鉢はもずく酢。壱岐のもずくと山芋は、さっぱりとしていてつるっといただけます。

f23304c1-aefd-40bb-8e46-1ba2b98191d3

煮物は壱岐で取れた「平政カマの煮物」。出汁がぎゅっと染み込んでいる食材に、ゆずの香りもマッチ。とっても味わい深かったです。

339010c2-9e08-4db9-8a09-9a0ebc7b5631

メインは壱岐産の焼カマスにトマトソース&バルサミコの味付けが珍しい「焼カマスのトマトソース」。プリプリしたカマスが絶品!

78b6a1f8-ce53-445d-b206-fb7f95c9ceab

飯物は中華粥。こちらの中華粥はなんとおかゆの下が茶碗蒸しになっているんです。茶碗蒸しの部分とおかゆを混ぜて食べる珍しい一品で、初めての組み合わせでしたが、おかゆと茶碗蒸しが絶妙にマッチしってとっても美味しかったです♡

椀物は酒粕汁。壱岐の日本酒「横山五十」の酒粕を使っているそうです。 漬物は壱岐産の白菜とザーサイでこちらも珍しい組み合わせで、中華粥にもとっても合いました。

06aa3286-faa9-42dc-ae1f-eb764edccdb5

甘物は「ココナッツプリン」。真ん中にはクリームチーズが挟んである壱岐産の干し柿。見た目もおしゃれですが、もちろん味も濃厚なココナッツの甘さがとっても美味しかったです♡

1,000円(税抜)でデザートまで楽しめるなんて、リーズナブルですよね。

壱岐の旬の食材を存分に味わえるシェフこだわりののオリジナルメニュー

f3e86d54-7234-4938-9488-7402d091bc84

季節ごとに違ったものを味わえるこだわりの7品は、壱岐出身のシェフ今西さんが考え調理されています。壱岐の旬の食材が生かされたメニューはどれも美味しく、優しい味がしました。

温浴施設とランチのお得な日帰りプランが登場♪

「ステラコート太安閣」では、温浴施設(岩盤浴&サウナ)のオープンを記念したお得な日帰りプランがあります。自慢の温浴施設と、壱岐の新鮮な食材を使用したランチがセットになってお一人様なんと3,000円(税込)ととってもお得です。

ランチは選べる3種類で、今回ご紹介した「壱岐産野菜たっぷりのサラダランチ」、「朝採れたまごのオムライス」、「二十四節季料理」からお選びいただけます☆

壱岐の旬の食材をたっぷり堪能

ぜひみなさん、壱岐の食材が季節ごとに楽しめる「炉端劇場"舞"」に行ってみてくださいね♪

たべる
炉端劇場"舞"(ステラコート太安閣)
住所
〒811-5133長崎県壱岐市郷ノ浦町 本村触760-1

文・撮影 / 鈴木麻美

この記事に関連するタグ
関連する記事