catch_image

知る人ぞ知る壱岐の名店で旬の魚を味わおう!壱岐歴28年新米ライターおすすめ「のもと寿司」

グルメの島 壱岐

壱岐と言えば、やっぱり新鮮な魚介類! 幼い頃、冷凍の刺身しか食べたことがなかった山育ちの私にとって、四季折々に旬の魚が食べられるなんて、魚好きにはたまらない島です。
この島のお寿司屋さんはどこも美味しいのですが、20年来、家族でお世話になっている「のもと寿司」さんを紹介します。

d9fa06cc-b69c-4642-bc09-c7dfee546db1

地元の人と観光客のふれあいも楽しめる穴場のお寿司屋さん

元々は地元住民のためのお寿司屋さんとして営業されていた「のもと寿司」さん。 最近は、お店に行くと必ずといっていいほど観光客の方の姿が! カウンターで会話を楽しむ人。友達同士やカップルでお寿司に舌鼓をうつ人。出張で壱岐に来たビジネスマン等々。地元の人と観光客の出会いの場、ふれあいの場にもなっています。

   5f947cb2-c714-48e7-ad76-ee7aaa0e5a4e

観光客が連泊中、毎日食べに来る人気のお寿司屋さん

「仕事や観光で連泊している人が、なぜか毎日やってくる。」と、大将が言っていました。いやいや、それだけ「のもと寿司」の味と心地よさに心が奪われているのでしょう!リピーターが多いのは、本物のお店だからでしょうね。

  f299c9ae-0793-4632-a031-fdaad185e275

お客さんが勝手にSNSで宣伝。ホームページが無くても情報拡散

 

「のもと寿司」さんにはお店のホームページがありません。それなのに、観光客がいつも来ています。大将に理由を尋ねると、「お客さんが勝手にSNSで宣伝してくれているから」と、少し戸惑っておられました。
 表通りに面していないので、場所がちょっとわかりにくいですが、観光客はちゃんと探して来てくれるそうです。
 先日出会った若いカップルさんは、「友達のSNSで見て、ここは美味しいと直感して来ました。」と、ニコニコしてながらお寿司を頬張っていました。 また、この二人もきっとSNSで情報拡散したんじゃないでしょうか。

e7a2d1e8-a054-4859-ab53-dea1aa54c2d7

バッテラ最高!対馬産アナゴ寿司も絶品

 

「のもと寿司」と言えば、バッテラ!これを食べていない人は、まだまだ「のもと寿司」通とは言えません。しかし、最近はサバが手に入らないから、毎日あるわけではありません。なかなか出会うことができない「幻のバッテラ」です。たっぷり付いているワサビのアクセントが効いており、一度食べると病みつきに!
 また、お隣の対馬の名産「アナゴ」のにぎり寿司も、幻の1品。身がホロホロとして、口の中に淡白な焼きアナゴの味わいが広がります。 この2品にもし出会うことができれば、あなたは超ラッキーですよ!

250274ed-dc80-43ca-8c3e-dd25cd499580

大将と奥さんの人柄も素敵!

子どもが小さい頃から利用させてもらっている「のもと寿司」さん。大将と奥さんは、まるで親戚のおじさんとおばさんのような感じです。 子どもが帰省すると必ず訪れて、「のもと寿司」のお寿司を食べに帰っているほど!
これも、刺身やお寿司の味だけではなく、大将と奥さん会いに行きたいのかもしれません。お二人の人柄に触れると、また食べに行きたくなる。そんな家庭的な雰囲気も人気の秘密なのでは?

35eedaed-c7d9-47fd-bc46-d084db817341  

まとめ

「のもと寿司」の定休日は今のところありません。1年のうち、数日間お休みもあります。また、宴会が入って満席の場合もありますので、事前に電話で確認されることをおすすめします。
 壱岐に来たら、ぜひ行ってみてください。

b19e0d8e-b30b-45fb-8d22-141fd0ea2126
食べる
のもと寿司
住所
〒811-5135 長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦25-3 (光武病院裏)
この記事に関連するタグ
関連する記事