catch_image

海に浮かぶ美しき精霊舟!芦辺港を彩る「芦辺港花火大会」

壱岐のイベント2018年08月15日(水)

壱岐島の東部にある芦辺港。ここでは毎年、伝統の精霊舟流しと花火大会が開催されています。今夜は、芦辺の伝統と、海を染める美しき花火が見られる「芦辺港花火大会」をレポートします!

壱岐のお盆と言えば…、花火!!!

7c0f909c-48e0-4e44-8a7b-6f07903f1841

壱岐島には4つの町があり、毎年、夏のお盆時期(8/13~15)には3つの町で3日間連続の花火大会が行われています。今回レポートするのは、お盆休みの最終日である8月15日に、壱岐東部の芦辺町で開催される「芦辺港花火大会」。芦辺伝統の精霊舟の真上に上がる大迫力の花火が見られる花火大会です。

夜9時。会場には、芦辺伝統の精霊舟が!

283de7da-c224-4adb-bfbd-404ebc4556ed

芦辺の精霊流しと打ち上げ花火は、壱岐の他の花火大会と比べてちょっと遅く始まります。午後9時、会場に到着すると、すでに精霊舟が飾られていました。

赤い提灯で飾られた精霊舟。この舟に、初盆を迎えた故人の霊を乗せて、浄土へ送り出します。お盆の8月15日に行われる長崎県の伝統行事です。

f44fe1e4-a8ad-40a5-ba0e-8e48cc867c19 ff7674fc-6d83-4952-985d-1f3466eefed2 acb3203c-2a4b-4d82-8037-48e97a05ddf6

会場からお経が聞こえて来ました。最初に、故人の霊が乗っているとされる精霊舟に向けて、お坊さんがお経を唱えるんだそうです。

14f966a9-dee6-4d6c-aa8a-0aa5b6b4e613

お経が終わると、次はお焼香。精霊舟の前に、地元の方々が列を作っています。

26e9d5ad-7e9c-436e-8c7f-30ab970482fc 1e6d16c8-9836-42b3-9ee1-160e885c2c4c 7ccf03e4-4859-417d-aaee-531302d87951

みなさん傘を差しながらお焼香の列に並んでいます。小雨が降っていましたが、お盆の恒例行事にはたくさんの人が集まります。

944e59b2-ac5e-474a-8608-6e9aa34fc995

提灯はこんな感じ。真っ暗な会場に提灯の明かりが映えますね。

ba8d01db-4106-4a2f-bc14-3b5812244f10

さて、お焼香が終わったようです。地元の方達が、精霊舟を海まで運んでいきます。

6f4e0287-9d9f-4f99-a701-553661ffed9f

次々に運ばれてくる精霊舟。

a999e78e-41f1-4ca7-8f73-00cce180a274 532af1b1-7b5f-4b3e-8d6c-df05f2644e9b

そして、精霊舟は桟橋からついに海に下されました。

91ce0c7f-fa21-4682-beef-7d5cdd669379

海に浮かぶ、提灯の赤。壱岐の夏の風物詩・精霊舟流し!

海に浮かんだ精霊舟は、沖に向かって流れていきます。提灯の明かりを眺めながら、故人に思いを馳せます。

2f40f05a-23c2-42be-ac6b-e56e84c056f8 711d32ea-b1ec-4d81-8c8d-3acbdfe5889d

芦辺の真っ暗な海に、精霊舟の赤が浮かび上がります。美しくもどこか切ない光景に、胸を打たれました。

精霊舟の真上に打ち上がる、大迫力の花火!

9a082555-4d05-4916-a1df-40fe0879ce68

全ての精霊舟が海に浮かぶと、ついに花火が芦辺港に打ち上がりました。海を鮮やかに彩る大きな花火は、精霊舟が流れていく道を指し示すかのようです。

964a237e-a60c-4c78-8daf-cde09b956d54 9e503575-59f4-4ef6-b188-08ef7503de08

そして、水面に仕掛けられた水上花火も!精霊舟の提灯や水面に反射する花火が、なんとも美しい。

064768f4-a68d-4737-a8ce-68369f97da3c e952bb86-fdd6-43bb-8f36-71f23ac5dd02

そして花火は、一気にクライマックスへ。

1f906539-a50b-497a-b8d7-a11f3ba71722

時間にして15分ほどの短い時間でしたが、大迫力の花火大会。最後の連発花火は、精霊舟の浮かぶ港を一気に染め上げました。

芦辺のお盆恒例の精霊流し!芦辺港を彩る「芦辺港花火大会」は、精霊舟の風情と大迫力の花火が楽しめる花火大会でした!

662717c5-cdc3-4cac-81da-859c6a847eff

壱岐島の東部に位置する芦辺港の花火大会。一番の特徴は何と言っても精霊舟流しです。提灯で彩られた精霊舟を見ながら、故人に思いを馳せるお盆の恒例行事。美しくもどこか儚く切ない趣を感じられます。そして精霊舟のゆく道を照らすかのように打ち上がる花火は、圧巻のひとこと。お盆の風情を、心と体で味わえる芦辺恒例の夏の風物詩。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

文・撮影 / 松村拓朗

このイベントに関連するタグ
関連する記事
フェリー運航スケジュール