ABOUT

壱岐島は九州と対馬の間、玄界灘に浮かぶ、人口約27,000人の長崎県に属する離島。
博多港から高速船・ジェットフォイルで約1時間(フェリーで約2時間)とアクセスのしやすい場所にありながら、
島には白い砂浜とエメラルドグリーンのビーチが広がる。
美しい自然と豊富な特産物を持ち、歴史的遺産の残る壱岐島には年間を通じて多くの観光客が訪れる。

を飲む
海の美しさ

島内には10ヶ所以上の海水浴場があり、白い砂浜と透明度の高いエメラルドグリーンのビーチを求めて夏は多くの海水浴客で賑わう。ダイビングやバナナボード、クルージングなどマリンアクティビティも充実。

鼓を打つ
グルメの数々

濃厚で香り豊かなウニをはじめケンサキイカやマグロなど玄界灘で獲れる新鮮な海の幸や、雄大な自然で育つ壱岐牛が名物。生で食べられるアスパラガスやイチゴなど、季節ごとの農産物もおすすめ。旬の時期に島内の多くの店で食べられる「ウニぼっかけ」と呼ばれる生ウニ丼が観光客に人気。1年を通して様々なグルメを楽しめる。

全体が
パワースポット

壱岐島は「魏志倭人伝」や「日本書紀」にも登場し、古事記では日本で5番目にできたとされる歴史ある島。2015年には日本遺産にも認定されている。現在でも150以上の神社庁登録神社や280基の古墳が存在し、まさに島全体がパワースポット。日本一の神社密度の地として登録の準備を進めている。

本一の
おもてなし精神

壱岐島の島民はとても気さくで観光客に「どこから来たの?」と話しかけてくる人も多い。島の飲食店や朝市などで島民との交流も楽しんでみて。地元民ならではのおすすめ情報が聞けるかも。

アクセス

壱岐島までの移動手段

福岡空港

博多駅

博多港

壱岐

地下鉄
250円


20分

バス
230円

タクシー
1,500円

20分

10分

ジェット
フォイル
4,040円

フェリー
1980円~

70分

140分

郷ノ浦港
芦辺港

壱岐島の移動手段

バス

島内をくまなくバスが走っているものの、
旅行者が乗りこなすのは少々むずかしいので、
港の観光案内所等で壱岐交通の観光マップを入手しよう。
「一日フリー乗車券」が販売されており、大人1,000円、
中学生以下 500円。

詳細をみる

レンタカー

島内の観光スポットは島全体に点在しているので、
レンタカーの利用が便利です。島一周約一時間で、
どのスポットからどのスポットに行くにも30分あればOK。
フェリー乗り場までの送迎や、乗り捨て無料など、
島ならではのサービスも。料金は1日3,000円〜。

詳細をみる

運転代行

レンタカー利用時にお酒を飲んだ際に便利なのが運転代行。
意外にも料金はタクシーより割安なので、気軽に利用できる。
お店の人に尋ねれば、代行を行なっている業者の電話番号を教えてくれます。

詳細をみる

タクシー

タクシーは本土より初乗り運賃が安いため、
観光地巡りなど気軽に利用できます。
また認定された乗務員の楽しいガイドが聞ける「観光タクシー」や、
一定の金額で乗れる「シャトルタクシー」も人気です。

詳細をみる

壱岐ちゃり

時間があれば島の海風を感じながらレンタサイクルでの散策も気持ちが良いですよ。
電動自電車なので坂道も楽々!レンタル場所は郷ノ浦港・芦辺港・印通寺港などで、料金は4時間1,000円〜。
異なる港へ返却する場合は500円で回収してくれます。

詳細をみる

イキエコ

高性能EVスクーターのレンタルサービス。スタッフが、島内のどこにでもスクーターを配送・回収してくれます。
フル充電で約30km走行可能ですが、島内全域に充電スポットがもうけられているので、休憩やお食事、観光中に充電することができます。
小道をスイスイ走れて駐車もしやすいので、自由度の高い周遊が楽しめます。

詳細をみる
壱岐旅行の
チェックシート

壱岐島のお店は個人経営が多く、クレジットカードが使えないお店も多い。島内はコンビニやATMの数も少ないので現金は多めに準備しよう。

壱岐島は1周40km・車で1時間半程度の島。観光スポットは島全体に点在しているので、島巡りはレンタカーがおすすめ。レンタカーは1日3000円からあり、フェリー乗り場まで送迎もしてくれるので安心。運転ができない人はバスツアーや貸切タクシーの利用を。

壱岐に向かう船が発着する博多港までは、JR博多駅からバスで20分ほど。バス停「博多駅西日本シティ銀行前F」より99番に乗車→「博多ふ頭(ベイサイドプレイス)」で降車。朝夕は渋滞するので時間に余裕を持って乗ろう。タクシーでは空いていれば1,500円程度。 福岡空港→博多港は、地下鉄で博多駅まで5分乗車し、その後バス。または福岡空港からタクシーで2,500円程度。

博多港から壱岐行きのフェリーの乗車券の購入は出発30分前が原則だが、乗せてくれる場合もあるのでギリギリになりそうな場合は電話で相談しよう。(九州郵船:092-281-0831)ジェットフォイルは満席になると乗れないので、事前予約がおすすめ。